002 圧迫感のない目隠しとアウトドアリビングのある家 高知市Y様邸

玄関前は門柱で、道路から丸見えだった掃出し窓の前は、圧迫感の少ない擦りガラス調のポリカーボネートでの目隠し。道路や室内から見て、無機質な雰囲気にならないような足元の植栽もステキです。門柱の縁取りは、左官塗り仕上げ。真ん中は小端石のタイルで仕上げました。どちらも家の外壁と調和をとっています。門柱下に埋め込んだアッパーライトは夜に壁面の石の凹凸を美しく照らします。

道路から見た目隠しフェンスの柱は、サッシに合わせてシルバー色に。フレームや格子には、木目調アルミを使用しました。家のシンプルかつナチュナルな雰囲気を壊さないように配色されています。三角形の中庭の目隠し塀の内側には、ベンチと照明を設置しました。ベンチ・テラス土間 ともに 石英岩(クオーツ)の大判の石板です。道路からの目線は遮りましたが、遠くの山など美しい景色は眺められます。便利なガーデンシンクの天端は、大理石のボーダータイル貼りです。