010 木のぬくもりと過ごす庭 高知市T様邸

 リビングとひと続きの広々としたデッキと、目隠しフェンスを中心としたお庭。L字型の細長いスペースでも、入り口の扉や室外機カバーを同じ素材にすることで統一感が出ています。地面は白い砂利に平板と枕木の園路でシンプルにまとめて、植栽も花壇は設けずに地植えにすることでナチュラルな雰囲気を。メインツリーの足もとは斑入りや銅葉のカラーリーフも織り交ぜて、リズムに富んだ配色になっています。

手入れが行き届いているおかげで、施工当初と変わらずすっきりとした印象が保たれて、さりげなく置かれた鉢植えやテーブルからもゆったりとした時間の流れが感じられるようでした。